ホーム >> トピックス(APU訪問)

立命館アジア太平洋大学訪問


国際文化を肌で感じる特別体験(2009年7月2日)

グローバルコースでは毎年、大分県別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)を訪問し、交流を行っています。APUの指定校推薦に博多女子が選ばれていることから行われているもので、外国人学生とコミュニケーションを図り国際感覚を磨く絶好のチャンス。教室では学べ ない貴重な体験を紹介します。

国際交流

「英語でコミュニケーション多様な文化とふれ合う」
少人数のグループに分かれ、アジアや北アメリカなどの外国人学生と英語でコミュニケーション。お互 いの自己紹介に始まり、和気あいあいとした雰囲気の中で会話が弾みます。母国の文化や食べ物、恋愛事情(!)まで、たくさんの話題で大盛り上がり。外国人学生から福岡の祭りや名産などを聞かれる場面もあり、生徒はどう英語で説明すればいいのか、ちょっとたじたじ。外国人学生が持ってきた母国の紙幣な どを見て新たな発見をしたり、生徒たちにとっては国際文化を学ぶ最高の機会でした。

APU訪問スケジュール
08:00  博多女子高出発
10:30  APU到着
10:40  大学スタッフによる大学紹介
11:15  国際学生と国際交流
12:00  昼食
13:00  キャンパスツアー
13:30  学生団体によるプレゼンテーション
14:45  APU出発
17:15  博多女子高到着
訪問を終えて
「国際性豊かなAPU将来の夢が叶う場所」

グローバルコース3年 宮本勝喜さん

今回で2回目の訪問です。APU は国際性豊かで、広い世界を見ることができると思うので、私の第一志望です。今回は外国人学生やスタッフの方に住まいについて聞くことができました。英語 が好きなので、今後は英語を活かして海外で活躍したいです。APUは将来の夢を実現できる大学だと思います

キャンパスツアー

「憧れのキャンパスを満喫 おいしいランチにも大満足」

別府市の高台にあるAPUは、人呼んで「天空の城」。周囲 を緑に囲まれ、学びには絶好のロケーションです。キャンパスツアーでは在校生の案内で学内施設を見学。見学しながらAPUの特徴や魅力、寮での生活などを聞くことで、学校への興味もぐぐっとアップ。
昼食は学内の力フェテリアで。たくさんの外国人学生でいっぱいの中、国際食を食べながら外国人学生とおしゃべりして、楽しいキャンパスライフが体験できま した。